Time will tell
競馬伝説Liveのブログやってまーす
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
30S
今Sは、現在6月5週で11勝とまずまずの結果を残しております。

もちろん、条件戦のみですw

昨Sは早熟を中心に生産したので、早い時期に全馬ピークを迎えることができ、

この結果に繋がっていると思います。


この中で、久々に期待出来る馬が出てきたんですが、毎回不利枠で困ってますw

実力が伴ってない可能性は否めませんけどね!

3歳中距離路線で頑張っている?ダイングラッツェン。

ダインマンフルが期待を裏切る成長力の無さだったので、こちらに期待しています。


今回は、地方OP6頭立てでしたので、勿論不利枠は発生しませんでした。

結果は、おけらさんとこの京都新聞杯馬オケラマルゴから遅れること0.4秒の4着。

ダイングラッツェンは、ダントツの最低人気にしては仕事をしてくれたと思います。

といっても、応援馬券で単勝300万買ったら5番人気になっちゃったんですけどねw

いつまでピークが持つかわかりませんが、秋に向けて勝ち星を挙げたいところですね。


もう一頭、こちらは短距離路線のダインギャライン、父はライオンライジングです。

ライオンライジングは、かなり優秀な種牡馬だったと思います。

産駒の勝ちあがり率が非常に良いですし、E.INDEXも3以上が殆ど。

毎年、堅実な成績を収めていますね。

現に今Sも種牡馬ランキング2位となってます。

引退してしまったのが惜しいですねぇ。


本題に戻しますが、ダインギャラインは芝1000mならば滅法強く、

鯖レコードも狙えるタイムをフリレでも出していますが、

如何せん本番で芝1000mを走ったことが無いのが不安材料です。

また、脚質が追込なので、不利枠にブチ込まれたら即終了ですw

次走はアイビスサマーダッシュを予定しています。除外が心配ですねえ。

久々の重賞勝利を期待出来る馬だけに、ワクワクするなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。